株式会社 マルニックス

当社の事業分野
HOME >当社の事業分野
マルニックスのご案内
日本における保険仲立人(ブローカー)のパイオニアとしてこれからも邁進します。
マルニックスの設立は1997年にさかのぼります。
保険業法の改正により自由化・国際化が進むと見込まれる我が国の保険市場において、新たな業態として事業展開を開始いたしました。
保険仲立人(ブローカー)の本場である欧米のスタイルを見習いつつも、日本のお客様のリスクマネジメントに対するニーズに沿ったサービスのご提供を常に念頭においております。
長年蓄えてきたノウハウをさらに幅広いお客様にご提供すべく、従来にも増して高い評価をいただけるよう、マルニックスは努めてまいります。
マルニックスの強み① 海外での技術・エネルギー分野
海外でのプラント、インフラプロジェクトに関するリスクマネジメントはお任せください。
当社の得意分野に技術・エネルギー分野のリスクマネジメントがあります。
技術分野とは、各種プラントやインフラなどの工事、操業(運営)のことをさします。
この分野では、まず様々な異なるタイプのリスクが1つの案件の中に混在していることを念頭に置く必要があります。
物理的損害のリスク、第三者賠償リスク、工事や操業の停止等による経済的損失のリスクなどです。
また、1つの案件に関与する当事者の数も多く、その立場の違いにより考慮するリスクの態様も異なるため、分析のノウハウが求められますし、契約関係者間の調整なども難易度の高い作業と言えます。
今までマルニックスは丸紅グループ各社をはじめとした世界各国での技術・エネルギー分野の案件を数多く手掛けてきており、まさに当社の特色、強みが最も発揮できる分野であると自負しております。
マルニックスの強み② 海外再保険
ローカルの保険にグローバルの視点でソリューションをご提供します。

海外、特に途上国でビジネスを進めるにあたり、保険を現地で買うことを求められたため保険会社の選択にご苦労されたことはおありではないでしょうか。
再保険の活用によるセキュリティの確保はその1つのソリューションです。
保険会社は、リスクを引き受けた後、そのリスクの一部を別の保険会社に転嫁するのが通例です。
そういった仕組みを再保険といいます。

マルニックスグループでは、東京、ロンドンシンガポールの3拠点を通じ、国内外の主要な保険マーケットで再保険を引き受ける先が確保できる体制を敷いています。
再保険の手当てがある程度整った状態にして現地の保険会社に案件の照会をかけることで、交渉をより有利に進め、現地で支払った保険料のセキュリティを高めるとともに、いざ損害が発生した時により円滑に処理が進むという効果を狙えます。
マルニックスは数多くの途上国で再保険スキームを活用した保険手配の実績を持ち、お客様の海外案件・事業の展開を円滑に安定して進めていただけるようサポートしています。
リンク先のサイトは英語のみです。
Marnix Europe Ltd.
Marnix Reinsurance Brokers Pte. Ltd.
TOPに戻る
Copyright ? Marnix Corporation. All rights reserved.